スペースをとらない卓上式のウォーターサーバー

豊かになったとはいえ日本の家屋はまだまだ狭いですね。ウォーターサーバーの良さはわかっても設置するスペースがありません。しかし諦めてはいけません。卓上式のコンパクトなサーバーも登場しています。1Kのアパートでも違和感はないでしょう。

●小型でも抽出量は変わりません
卓上サーバーは物足りないと感じるかもしれません。しかしうるのんなら小型ではあっても最大連続抽出量は床置きタイプとほとんど違いません。もちろん80度以上の温水と10度前後の冷水がいつでも使えます。

卓上であっても選択肢は限られていません。お水は富士の天然水、または逆浸透膜を使用した赤ちゃんにもやさしい「やわらか水」が提供されています。さらにウォーターサーバーは2タイプ計4つの色から選べます。

【この記事も参考にしてください】
▶赤ちゃんのミルクは水道水でも大丈夫?

●エネルギーも節約できます
スペースと一緒にコストやエネルギーも節約したい人にお知らせするのはウォーターワンです。つまり使用していない深夜などはECOモードになります。余分な電気を使わないので電気代の節約にも貢献します。単身世帯には重宝するかもしれません。

もちろん子供がいる家庭でも卓上タイプは有効ですが、心配なのは子供のいたずらです。とはいえ単なるチャイルドロックのみならずカバーをかけたダブルロック機能もあります。安全第一と考えるお母さんにもおすすめできます。

●温度設定が4段階です
ガス会社としてのイメージはありそうですが、イワタニの富士の湧水も卓上タイプのウォーターサーバーが提供されています。そこにはガスの販売で培った流通やメンテナンスのノウハウが生かされています。

イワタニが他社と大きく違う点は、毎月のノルマがないことです。これが問題になって解約するケースが少なくないからです。また水の温度が冷水と温水それぞれ2パターンの計4段階に設定できます。赤ちゃんのミルクやコーヒーを飲む際には重宝します。

●試してみませんか
サイズの問題でウォーターサーバーを躊躇しているならば、テーブルにも置ける卓上式を試してみましょう。性能は床置きタイプと変わりません。水を変えるだけで一日の気分も変わってくれるでしょう。

【PR】
ウォーターサーバー口コミを見て自分のライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選びましょう。

関連記事